LINEで送る
Pocket

 

地球がやばい!

【太陽フレアので停電や通信障害!?】

NASAの太陽観察衛星「SDO(ソーラー・ダイナミックス・オブザーバトリー)」は大型の太陽フレアを観測しました。
今回観測されたのは、2017年9月6日に2回発生されたもの。
それぞれが1,000倍以上と、かなり強力なものです。
この太陽フレアで何が問題かと言うと、通信関連の障害が起こる可能性がある、と言う事です。
太陽フレアによって放出された「コロナガス」が、9月8日の15時~24時に地球に到達する予定です。
このコロナガスの影響で、数日間~1週間に渡って、通信衛星や放送衛星などの人工衛星で障害が発生したり、GPSなどの測位システムの誤差の増大、送電線への影響が予想されます。
どこまで影響が出るのかは定かではありませんが、太陽フレアで大規模な停電が発生した場合、世界にある変電所が使用不能に陥る可能性があります。
そうなると、水道などが利用出来なくなり、携帯やPCが通信障害によって利用出来なくなります。
また、電車や飛行機などの交通も使用出来なくなり、停電になる事によって医療施設にも影響が出て来ます。
今のところはどのくらいの規模の影響が出るのかは定かではないので、念の為に頭に入れておき、いざとなったら冷静に対応出来れば良いんじゃないでしょうか。

そもそもこの太陽フレアとは、太陽の表面での爆発現象の事。
人体への健康影響はないので、とりあえずは安心です。
小規模のものは1日3回程度起きているようですが、今回はそれの約1,000倍。
2003年にも大規模なフレアが頻発し、地球上の衛星、無線通信に多くの影響を与えました。
この時は、スウェーデンで停電が発生する影響が出ています。

今後1週間程度は、また大きなフレアが起こる可能性があり、注意が必要です。

ネットの反応では「太陽フレアで会社が休みにならないかな?」などぼやくユーザーもいるようですね。

 

LINEで送る
Pocket